サービス紹介

創建築デザインで実現させる「世界で一つの家創り」

当社は「世界で一つだけのとっておきの我が家創り」をテーマに、注文住宅やリフォームのご提案から設計・施工までを一貫して承っております。女性設計士のきめ細やかな提案力で、お客様と一緒に最高品質の家創りを実現いたします。

ツーバイフォー(2×4)工法とは

ツーバイフォー工法の4つのメリットの図

当社では、200年以上にわたる歴史をもつツーバイフォー工法を理想の家創りのための基本技術として取り入れております。

ツーバイフォー工法は世界でも多く一般に取り入れられた工法で、6種類の規格材のうち「約2インチ×約4インチ(ツーバイフォー)」材を主な基本構造材とすることがその名前の由来です。こうした規格の統一は、安定した部材の供給や品質、現場での汎用性、シンプルな構造システムの実現など大きなメリットがあります。

ツーバイフォー工法イメージ画像1
ツーバイフォー工法イメージ画像2
ツーバイフォー工法イメージ画像3
ツーバイフォー工法と在来工法の違い
ツーバイフォー工法と在来工法の違いイメージ画像

在来工法は木造軸組工法とも呼ばれ、日本で古くから取り入れられている伝統的な住宅工法です。在来工法は柱と梁の軸組みによって「線」で家を組み立てていきますが、ツーバイフォー工法では柱や梁ではなく屋根・天井・壁・床などの「面」で組み立てていきます。そのため、ツーバイフォー工法は木造壁式工法とも呼ばれています。

増改築の場合は在来工法が向いていると言われてきましたが、ツーバイフォー工法は構造ルールが厳密で明確であるため増改築にも適しています。

自然素材で温かみのあるお家に

自然素材イメージ画像

鉄やコンクリートより熱伝導率が低い木ですが、自然なぬくもりを感じる素材です。人の体重を支える足への負担は想像以上に大きいものですが、適度な弾力性をもつ木の床は、やわらかな触感で人にやさしく鉄やコンクリートなどと比べ疲労を心地よく和らげてくれます。

また、調湿効果もあるため木造住宅は高温多湿な日本と相性が抜群です。心地よい木の温もりを感じながら、春夏秋冬をより快適に過ごすことができます。

建物を長く保つ耐久性

耐久性イメージ画像

ツーバイフォー工法はカナダで生まれ、その後アメリカ全土で広く使われるようになりました。現在ツーバイフォー工法は世界各国で取り入れられており、築80~90年以上の建物も現存しています。

1985年には日本へも伝えられ、耐久性・耐震性に優れたツーバイフォー工法は地震国家である日本に最適な住宅工法と言えます。また、耐火性が高く消火効果・防火機能を持つため、万が一火事が起きても火が回りにくいというメリットがあります。

リフォーム

リフォームイメージ画像

当社はリフォーム全般にもご対応しております。地元に根差した工務店のため、「すぐに来てもらえる」「細かい要望にも対応してくれる」などお客様との距離を大切にご依頼を承っております。余分な人件費、中間マージンなどがかからないようシステム化をしており、他社と比べて良心的な価格でのご提案が可能です。

お見積り・ご相談・ご提案などは一切費用が掛かることはありませんので、リフォームに関することならお気軽に当社までお申し付けください。

リフォームメニュー

水回りイメージ画像
水回り

キッチン・トイレ・浴室・洗面所といった水回りリフォームを行います。システムキッチンの導入やトイレ・洗面所の入れ替え・補修など、幅広いご要望にお応えしております。

床・壁イメージ画像
床・壁

豊富な床材・壁紙から、お客様のお部屋にピッタリなものをご提案いたします。張り替えや重ね張りはもちろん、壁の撤去・設置も承っているため柔軟なご対応が可能です。

屋根イメージ画像
屋根

屋根の塗り替えから葺き替え、補修など幅広い屋根工事に対応しております。ご自宅の周辺環境に合わせて、耐候性・耐久性など機能性の高い屋根材をご提案いたします。

屋根イメージ画像
外壁

外壁の塗り替えやサイディングの張り替えなどを承っております。住まい環境がより快適になるよう、美観の回復だけでなく機能性・利便性の高い施工を実現いたします。

外構イメージ画像
外構

庭・門扉・玄関アプローチ・カーポートなどお家の外側のリフォームにもご対応しております。住宅の雰囲気を変える施工から、導線や位置を変える施工まで何でもお任せください。

増改築イメージ画像
増改築

「部屋の面積を広くしたい」「部屋数を増やしたい」「和室を洋室に変えたい」などのご要望を承っております。お客様のライフスタイルに合わせて柔軟にご対応します。

リペア(補修)

当社では、床・ドア・家具など主に木材でできている箇所のリペア(補修)工事も承っております。傷や凹みをそのままにしておくと、手や足を傷つけたり損傷箇所がさらに酷くなってしまう可能性もあります。リペア工事であれば、新しいものに交換することなくコストを抑えながら部分的に修繕することができます。

リペアメニュー

フローリング
フローリング

フローリングは足が直接触れる箇所であり、剥がれや凸凹で足を傷付けてしまうこともあるため注意が必要です。特に小さなお子様がいる場合は早めに補修しましょう。

建具・ドア
建具・ドア

建具やドアは、毎日の開け閉めによりどうしても傷みやすい部材です。傷や凹みなどの損傷を放置していた場合、建て付けが悪くなり丸ごと交換する必要が出てくることもあります。

家具
家具

テーブルや椅子を始めとした家具のリペアも行っております。損傷部分の補修作業はもちろん、経年劣化による色褪せなども塗装でキレイに塗り替えます。